歯周病について

歯周病の原因

黴菌イメージ 歯周病は歯肉に炎症が起こることから始まります。歯肉に炎症が起こると、歯肉が赤くなったり、腫れたり出血したりします。では、何が原因で炎症が起こるのでしょうか? それは歯の表面についた細菌の集団によるものです。この細菌の集団のことをプラーク(歯垢)と呼びます。 このプラークは歯の表面にしっかりとしがみついていて、うがいなどでは決して落ちることがありません。 ですから、プラークはいわゆる食べ物のカスなどとは全く違うものです。
これらプラーク中の細菌が出す様々な物質によって歯肉に炎症が起きるのです。

一般的に歯石が原因ではないかと認識されている方が多く、歯石を定期的に除去してもらっているのに、いっこうに歯周病が改善しないと言って来院される方が多数見受けられます。
実は歯石はプラークが石灰化(石のように固くなる)したもので、歯肉に炎症を引き起こす病原性はプラークよりずっと低く、 歯や歯根の表面がざらつき不整になるために、プラーク付着因子(プラークが歯や歯根の表面につきやすくなること)として考えられています。 したがって、いくら歯石を除去してもプラークが付着する環境では、歯肉の炎症が改善しないのは当然です。

プラークが一番の原因とご理解ください。

歯周病と関連が疑われる全身疾患

全身健康診断で高血糖、高血圧、高脂血症、肥満などを指摘されたことのある方は要注意です。

異常の程度が軽くても、これらは相互にからみあって糖尿病や心臓病などの生活習慣病のリスクを何倍にも高めます。 こうした生活習慣病のメカニズムに歯周病が影響しているらしいことがわかってきました。

歯周病は、細菌の感染による慢性の炎症です。 細菌のつくる毒素や炎症を引き起こす物質が患部から血液中に入り、全身に悪影響を及ぼす可能性があるのです。 一方、糖尿病や骨粗鬆症などがあると、歯周病が進行しやすく、治りも悪くなることが知られています。

歯周病を全身とのかかわりでとらえることは、歯周病の予防、生活習慣病の予防、双方にとってとても大切です。

歯周病はコントロールできる

現代医学・歯学が発達し、病気=死という時代は過去の物となりつつあります。 適切な検査、診断がなされ、合理的な治療を行えば、ほとんどの病気は治癒するか、あるいはコントロール可能になってきています。

このことは歯周病にもきわめてよく当てはまります。 初期段階の歯肉炎では完治することが期待できますが、歯周炎にまで進行すると種々の治療を行っても完治は期待できません。病変の進行を阻止する程度にとどまります。

しかし、よほどの重症例を除いて、歯周病=抜歯ということは回避できます。また、深い歯周ポケットが残っていたり、プラークが十分除去されていない場合には、歯周外科治療が適応となります。
また、特殊な膜(GTR用膜)や生体材料(エムドゲイン) などを使った最新の再生療法を用いれば、破壊された歯周組織を再生させることもできるようになりました。

歯周病についてよくある質問

Q.歯周病は自然に治りますか?
A.治りません!でも歯周病は、予防でき治療も可能です。 大切なのは正しいブラッシングを毎日すること、歯石を取り除き歯周病菌の棲みやすい環境をなくすこと、歯科衛生士による専門的なクリーニングを定期的受けるようにしましょう。

Q.歯周病って健康保険で治せますか?
A.基本的に保険で治療できます。病状が中度、重度まで進行し、感染が進んでしまっている方は、細部まで徹底的に処置を行わなければならないので、治療時間と回数がかかります。再生治療など特殊な治療が必要な場合は、保険の範囲ではできません。

Q.歯周病の検査はどんなことをするのですか?
A.歯周病の検査方法は、プローベという測定器具を使い歯周ポケットの深さを細かく測ります。その他に、歯ぐきから出血の有無、炎症の程度、歯の動揺、歯石の有無、プラークの付着状態、レントゲン撮影、口腔内写真、歯型の採取、細菌検査(オプション)などを行います。

Q.歯周病の検査で何がわかりますか ?
A.歯周ポケットの深さ、歯を支えている骨の状態、プラークの付着状態、歯の動揺度、歯周病の進行状況などが解ります。

Q.プラークとは何ですか?
A.歯周病を引き起こす細菌の塊です。プラーク(歯垢)1mgのなかには、およそ8億の細菌がいると言われています、温度と水分と栄養富んだその中で繁殖します。
歯垢は、やがて唾液の石灰化成分とまざり歯石になります。

Q.プラークと歯石は違うのですか?
A,歯垢は、やがて唾液の成分(カルシウム・リン酸等)とまざり歯石になります、歯石になると歯ブラシでは取れない頑丈な棲家になってますます細菌は繁殖していきます。

Q.歯周病の自覚症状とはどんなものですか?
A.歯周病の初期には自覚症状がほとんどないか、あってもごく軽度なものです。 お口の中がネバネバしたり、歯ぐきから血が出たり、口臭がしてきたりします。 症状が進行すると、口臭がひどくなったり、かたい物が噛みにくくなたり、歯がグラグラしてきます。

Q.歯周治療(スケーリング)を受けたら冷たいものがしみるようになりました。かえって悪くなった感じがするんですけど・・・ 。

A.きちんとした歯周治療をおこなうと,歯肉が引き締まり,それにより歯根が露出する事があります。それが原因で水がしみる事があります,これは歯肉がよくなった証拠です。心配しなくてもよいと思います。 ただし,極端にしみる,我慢できないという場合は,主治医の先生に相談してみてください。
ちゃんと処置してくれるはずです。

Q.十代、二十代でも、歯周病になるのですか?
A,歯周病は中高齢者だけが罹る病気ではありません。若年性歯周炎と呼ばれる10代で罹ることもあります。若いから歯周病にならないと安心はできません。

Q.歯周病と全身疾患が関係しているって本当ですか?
A,ここ数年、歯周病と全身疾患との関係については多く報告されています。現在では、糖尿病、心臓病、呼吸器疾患、妊娠などの報告が多いようです。また、骨粗鬆症との関連もあるとされています。

Q.歯周病は、遺伝するのでしょうか?
A,歯周病は細菌感染です、ヒトの細菌に対する抵抗力は遺伝するという報告があり、歯周病菌に対する抵抗力の低い親御さんから遺伝すれば、結果的に、歯周病は遺伝することになるかもしれません。
親御さんが歯周病だからといって、お子さんも歯周病で歯を失うということではありません、歯周病の一番の原因はプラークです、早くからプラークコントロールできるようになり、メインテナンスを行っていれば心配する必要はありません。

Q.最近,歯肉が下がってきたような感じがしますが、歯周病でしょうか?
A,歯周病は、顎の骨が溶けてしまう病気なので、当然歯肉は下がりますが、年齢とともに、下がっていくこともあります。また、強いブラッシングの繰り返しで、歯肉が下がることもあります。
ですから、歯肉が下がったからといって、歯周病とは限りません、しかし、歯肉が下がるということは、何らかの原因があるのですから、一度、歯科医院を受診しましょう。

Q.メインテナンスはどのぐらいの頻度で通えば良いのでしょうか?
A,病態やブラッシングの仕方など、個人差があり、一概にはいえませんが、1ヶ月~6ヶ月間隔で来て頂いてます。当歯科医院に、定期健診(メインテナンス)で来られる患者さんで多くは3ヶ月程度ですが、
コントロールが良好な方は、6ヶ月間隔で来て頂いています。

Q.歯科医院に行ったら「歯周病で歯をほとんど抜くようになります」と言われました。本当に抜く以外ないのでしょうか?
A,最近は、セカンドオピニオンという方法を求める患者さんが増えています。特に歯周病は専門的に治療をしないと進行は止められません。歯科の専門医に受診を求めてみてはいかがでしょうか。よりよい治療を求めて,他の先生の診察も受けてみるのもよいかもしれません。

Q.歯ブラシの大きさや硬さはどうやって決めればいいのですか?
A,奥歯の方まで届かせようとするならば、小さめのほうがいいです、3列で小さめ。普通の硬さからやや軟らかめがいいのではないでしょうか。

Q.歯磨き粉は使わないほうが良いと聞きましたが本当ですか?
A,通常は、歯磨き粉には、研磨剤という成分が入っています、これは、歯を傷つけたり、歯ぐきを後退させたりすることがあります、また発泡剤が多く含まれていると、口の中が泡でいっぱいになり磨きにくくなります、泡が多いと磨いた気になってしまって、磨き残しができてしまいます。

Q.タバコは、歯周病によくないのでしょうか?
A,直接の原因ではありませんが、たばこを吸う人は、吸わない人に比べて、
歯周病にかかりやす くなっています.. これはニコチンなどの作用によって、血液の流れが悪くなり、抵抗力が弱くなるからです。 もちろん身体のことを考えると、禁煙したほうがいいでしょう。

Q.生活習慣で気をつけることはありますか?
(1)糖分(砂糖)をとり過ぎない
砂糖が多く含まれているお菓子や清涼飲料水などをとり過ぎるのはよくありません。これは、むし歯にもよくありません。
(2)柔らかいものばかり食べない
柔らかい食べ物は力スが歯につき、プラークが形成されやすくなります。歯ごたえのあるものや、食物繊維の多く含まれたものをしっかりかんで食べるようにしましょう 。
(3)両側の歯でかむ
片側の歯ばかりでかんでいると、かんでいる側の歯は汚れが自然に落ちますが、あまりかまない側の歯には、プラークがたまりやすくなります。できるだけ両方の歯でかむようにしましょう。

Copyright© 2015 Eto dental clinic All Rights Reserved.