審美歯科について

女性「審美歯科」とは、基本的には白くて美しい歯を手に入れるために行う総合的な歯科治療です。またそればかりではなく、健康な歯、機能的(かみ合わせ)にも十分な歯を手に入れなければ意味がありません。

口元には目元や鼻以上にに上品な美しさがあります。美しい笑顔を手に入れ、また審美歯科での治療により波及する美しい笑顔、自信も手に入れるという効果もあります。
つまり審美歯科は、あなたのライフスタイルや、周りの人に清潔感を感じさせるということにも影響する、重要な治療ということが言えます。

審美歯科には、PMTC、ホワイトニング、ラミネートベニア、セラミックの歯などがあります。



ホワイトニングについて

口元 審美歯科・ホワイトニングとは、変色した歯の表面を過酸化水素や過酸化尿素なのど安全な薬剤を使って歯を白くしていく方法のことをいいます。

歯の変色は、先天的(持って生まれた状態)と、後天的(加齢によるもの、コーヒー・お茶・たばこなど、歯の表面から沈着するもの、薬物によるもの等)とに分類されます。

歯の表面に薬を塗り、光で照射して歯を白くしていくオフィスホワイトニング(診療所内で歯科医が主体となり、患者さんに治療をする方法)や、マウスピースのようなトレーにホワイトニング用のジェルを流して就寝時などにはめてもらうホームホワイトニング(歯科医の診療方針・指示に従い、患者さんが自ら行なう方法)などがあります。


審美歯科・ホワイトニングについてよくある質問

Q.ホワイトニングでどの程度白くなりますか?
A.変色の原因・変色の程度・歯の質等により、個人差があります。あくまで、その方の元の歯の色合いから徐々に白くなりますので、「ご希望される白さ」や「真っ白」という訳にはいかない方も少なく有りませんが、「どの程度迄白くなるのか」又「どの程度白くするか」を、確認しながら進めていきます。

Q.どんな歯でも誰でもホワイトニングできますか?
A.ホワイトニングには適応症があり、又、白く出来る限界もあります。貴女の歯がホワイトニングに適しているのか、十分にカウンセリングを致します。もしホワイトニングに適していない場合でも、他の治療法もありますので御相談ください。

Q.ホワイトニングって歯や身体に悪影響はないんですか?
A.全くと言っていいほど問題はありません。ホワイトニングの基剤である過酸化水素は、米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しており、ホワイトニング剤自体は、その安全性をADA(米国歯科医師会)が認めています。(全ての製品がADAマークではありません)。日本では、各歯学部、歯科大学の研究室でもホワイトニング剤についての研究が行われており、多くの歯科研究室では論文も多数出されていますが、歯のホワイトニング剤の安全性が保障されています。

Q.ホワイトニングの効果はどのくらいつづきますか?
A.通常半年程度は白さが保たれます。その後はクリーニングとお作りした専用のトレーをお使いいただき 1~2回の使用で元の白さ戻ることが出来ます。

Q.ホワイトニング後に白さを長つづきさせるためにはどういうことに気をつければよいでしょうか?
A.タバコ、コーヒー、ウーロン茶、コーラ、赤ワイン等のを多く取られることは着色の原因となるので、少しひかえた方がよいでしょう。しかし、こういった嗜好品を絶対にやめなければならないというのは実際には難しいことですので、ホワイトニング後のメンテナンスの間隔を少し短くするとよいでしょう。

Q.歯のクリーニングとホワイトニングはどう違うのですか?
A,クリーニングは歯の表面についた色素(ステイン)を取り除き、歯本来の色に戻します。ホワイトニングは自分本来の色より更に白くしたいときに歯の内側から白くする方法です

Q.ホワイトニングした後、2~3日で色が戻ったようなのですが?
A.ホワイトニングは歯の中の色素を分解して白くしますので2~3日で色が戻ることは通常ありません。多くの場合、白くなった色を毎日見ていることによる”目の慣れ”です。ただ全ての人が目の慣れというわけではありませんので、もし気になるようでしたら当院にお越し下さい。

Copyright© 2015 Eto dental clinic All Rights Reserved.